スタッフブログ

WRAP第9クール第2回「希望の感覚」「責任」

はっぴぃWRAPの今回のテーマは「希望の感覚」と「責任」でした。

 

WRAPでいう「希望」、それは自分の背中を押してくれるもの、これいけるんじゃない?と思う感覚ではないかと思っています。

自分の感覚的なところもあるのでいざ考えてみると難しいなあという声もありました。

そんな中、今回のはっぴぃWRAPでは

推しが来日した時、新しい電車のにおいをかいだ時……など本当に人それぞれの希望が出てきました。

なにか、これだ!というものがWRAPをしていく中で見つかったらいいなあと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「責任」についてですが、WRAPでは主体性という言葉を使うこともあります。

自分で選んで自分で決めること、人生の運転席に自分が座っていることと説明されることが多いです。

他の人の意見を聞いたり話したりしているうちに、

自分でこの場にいることを選択しているんだという意見も出てきました!

そう考えると、WRAPでの繋がりって奇跡に近いですね(*’▽’)

2020-01-30 18:08 木. staff: 川原.

▲ページTOPに戻る